ダンス スポーツ 筋トレ バレエ 総合情報ブログ~カーテン・ライン

バレエの種類と 歴史 バレエ振付家 世界の著名バレエ団 舞踊解剖学 筋トレ アスレティック・トレーナーとストレングス・コーチ:専門家の助言 ダイエット バレエ用語 ポアント トウシューズの選び方 新体操
                                               
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 無題
Date: 2010-04-08 (Thu)

タカハシエリナさんの動画見つけました
こんな感じの踊りでした

http://www.youtube.com/watch?v=kkptDzloI24

--------------------------------------------------------------------------------
 ■ 日本人のプリマ
Date: 2010-04-08 (Thu)


昨日は 下の娘が王立舞踊学校の社会科見学か何かで オペラハウスに今来ているイングリッシュ・ナショナル・バレエの舞台リハーサルを先生に引連れられて行って来た。王立舞踊学校ではよくこういうことがある。来日じゃなかった来西中のバレエ団のマチネー公演とかを見に行く。

それであらら、イングリッシュバレエが来ていたのかえ?ということになり、調べてみると今日から4日と出ていたけれど まぁ もうほとんどいい席はなくなっていて 唯一二つ続きである席といったら夕べしかなかった。あわただしくほぼ最後のいい席二席ネットで押さえて 出かける。
このバレエ団のことは詳しくないので 出かけるまでの二時間、ちょっと調べたりしていたら なんとプリンシパルに日本人のダンサーが居る。エリナ・タカハシ  ほかにもコールドにも確か一人、ソリストにも赤星けいさんと言う女性の名前があった。
ここ近年の日本人バレエダンサーの活躍は目を見張る物がありますよね。
すっかり嬉しくなって 今日がタカハシさんだったらいいのになぁと懸命になって主役が誰なのか探したけれど名前が出ていない。
運を天に任せて劇場に向かったけれど、着席してプログラムを見ると果たして今宵(夕べ)は エリナ・タカハシさんによるシンデレラと出ている。すっかり嬉しくなってしまいました。

出だしからとても感激しました。
彼女の日々の努力と苦労を思って 大切に大切に注視して舞台を堪能しました。
小柄でかわいいシンデレラでしたし、脇役の人達も良かったです。
地元へのお世辞のためか一人、セビージャの王立舞踊学校からダンサーが出ていると書いてありましたが どの人か分からなかった。

赤星さんというソリストは 森の妖精役だったみたいですが とてもチャーミングでしっかりした技術を見せていました。
本当に嬉しかったです。今度もっとよく調べてみようと思っています。この舞台、三回の休憩をはさんでなんと延々三時間!!
八時半に始まって 劇場を出たのは11:30でした。
いやーーーー凄いですね 三時間て。ロミオとジュリエットも確かこのくらい長かったような思い出があります。昨年夏にニューヨークで見たABTです。
さて、タカハシさんは北海道出身なんですね。北国に優秀なバレダンサーが随分出ていますね。彼女は技術も本当にしっかりしていました。大役を最後まできっちりやっていて 心打たれました。
大変なことですよ こういう主役を演じきるっていうのは。難しいテクニックもいっぱいあるし。

高橋絵里奈
釧路市出身。「釧路バレエアカデミー」矢野恒、田村純、矢野恭子に師事。
92年中部日本全国バレエ.コンクール中部新聞社賞。
93年~96年英イングリッシュ・ナショナルバレエスクール留学。
95、96年ローザンヌセミファイナリスト。
96年イングリッシュナショナルバレエ入団
00年イングリッシュナショナルバレエ団プリンシパルに昇進。

ふむふむ、と思ったらクリックお願い→人気ブログランキングへ


--------------------------------------------------------------------------------
 ■ ああ、お菓子!
Date: 2010-03-22 (Mon)

今日は 娘のためにチョコレートケーキを焼いた。
しばらく作っていなかったのでレシピを忘れてしまったのだけれど
思い出してみると お砂糖もバターもどっさり使う事に今更ながら恐れる。

1:1:1.8  の割合で バター 砂糖、粉で作る。
バター100gって約半本だし 砂糖100gにしても出来上がると「あんまり甘くないケーキ」の部類だ。
材料を見ると ぞっとするのに甘さ控えめだとしたら 市販の駄菓子というか菓子パン、ケーキはどれほど多目の砂糖とマーガリンを使っているだろうかと慄然とする。

植物性のマーガリンがちっとも体に良くないことが発表されて久しい。
だからお菓子は家で作らないといけない。
ちゃんとバターを使う。
バターでもよくないけれどマーガリンやショートニングよりははるかにいい。

自分で作っているケーキの砂糖とバターの割合を基準にすると「おいしいブラウニー」なんかは いかにどっさりの材料を入れているかが分かる。

先日、カステラを作ろうとして卵八個っていうので やめてしまった。カステラってそういうものだったのか!!
今更ながらに驚く。

お菓子作りをすると 甘いものは止めないと!!と
かなーーーり切実に思う。

幸せに暮らしたい人は 
お菓子作りをして舞台裏を知っては駄目だ 笑


ふむふむ、と思ったらクリックお願い→人気ブログランキングへ


--------------------------------------------------------------------------------
 ■ ダイエットについて
Date: 2010-03-19 (Fri)

知り合いの女医さんが 夕食はキウイフルーツと 白身の魚だけという献立を何年も続けていると聞いた。

キウイっていうのは鉄分を豊富に含んでいてとても体にいい。
夜は炭水化物を食べないで 高たんぱくにしようっていう 流石はお医者だけあって 賢い選択だ。

私はダイエットについては相当勉強したし、献立も色々工夫できる。どうあらねばいけないかは 熟知しているのだけれど
ぜーーーーーーんぶ知っていて 実際は好き勝手ばかりしている。
なにせ 元々がフラメンコ・ダンサーだから どんなに体型が崩れようと構わないのだ フラメンコはやせてなくていい。むしろぽちやーーーーっとしていた方が古典的フラメンコ・ダンサー、真打っていうようなものなのだ。もりもりのぼちぉゃぽちゃになって構わない。

そういう逃げ道があるので なんとなく気楽にしている。
それに第一、最近ものすごくおいしいパンが作れるようになってしまったので 毎日 自分の焼いた、お材料も厳選したものすごくおいしい焼き立てパンを目の前に ダイエット実施っていうのも難しい。

くるみはちやんと 殻を割って中身を取り出す。市販のもう取り出してあるのは使わない。
結構どっさり入れる。
それから 割と水玉が多い具合にレーズンをたっぷり入れる。
私は昔からレーズンパンに目が無い。
くるみのせいで パンはブラウンになる。
中はふわふわナンだけれど外はフランスパン風にかりっと焼く。

もう もう もう もーーーのすごへおいしくて 朝食べて夜も食べたくなっちゃう。
と、書いていて 急にあの私の素晴らしくおいしいレーズン胡桃パンのことが思い出されて これアップしたら食べちゃおう、なんて思っちゃうんだなぁ...

皆さん、ホームベーカリーは買わないに越したことないですよ
私みたいに堕落してしまうから!!

ふむふむ、と思ったらクリックお願い→人気ブログランキングへ



--------------------------------------------------------------------------------
 ■ ローザンヌのコンクール
Date: 2010-03-18 (Thu)



日本の女の子が三位に入った。
写真を見かけたけれど 彼女の喜びはどれほどかと思いやるととても嬉しい。ご両親もどんなにか誇らしいことかと思う。
六人残った女性のうちの三人までが日本人だったというから本当に凄い。賞は逃したけれど男子も結構よくできていた。
賞の隣にまで接近していて逃した子達の落胆も思いやるに切ない気持ちがする。

もう17歳ともなると本当に技術もよくできる子が育つ。

昨年の夏のNYでも15歳の女の子が黒鳥の見せ場のフエッテをダブルとシングルの交互というハイテクニックでやっていた。あの30数回やるだけでも凄かったテクニックが最近はダブルでやったりトリプルにまで昇華している。
つくづくと大変なことになったなと思う。

フラメンコもそうだけれど バレエの技術の高度がどんどん上がっているのは昔のビデオを見れば明らかだ。名花と言われたマーゴ・フォンテーンも今見ると あれ?という感じだ。90度以上上がらないと言われた脚を良く見ると本当に上がらないバレリーナだったなぁと分かる。こんな人の隣にシルビー・ギエムが並んじゃったら大変なことだった。でもギエムでなくても今、世界には本当に超絶テクのバレリーナが目白押しに出ていて これじゃあかなわないだろうと思う。

と同時に彼女達の凄まじい努力と焦燥を思うとこっちは辛くなる。
なんにつけても いっそそういうことが何にも分からない方が気楽な観客として舞台が楽しめるだろうと思う。

私なんかもうはらはらしたり 辛くなったりで客席でのんびりしていられないのだもの。ありとあらゆることに気づいてそわそわして心臓に悪い。

ともあれ、又男子にスペインが入って、つくづくとスペイン人の世界に活躍しているダンサーが比重として多いなと嬉しい。
難しい漢字のまりこさんと言ったと思うけれど 近くYoutubeに動画もアップされるだろうと思う。将来の楽しみなことですね。良かった。彼女とご両親に乾杯!!

ふむふむ、と思ったらクリックお願い→人気ブログランキングへ


http://www.flamencoole.com/ballet/bdiary/bdiary.cgi
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。